学生が援助交際なんと今は小学生まで。

2月 17, 2014

援助交際というものが一般社会で問題になっています。その問題の一番の原因は女性が年齢が低いということがあるでしょう。
最近逮捕されてしまった援助交際をした男性の相手に関しては女性はなんと小学生だったということです。
今現在の小学生というのは、昔よりも身体が大きくてそれと比例して生理も早く来るようになっていると言います。
裸を見てみても、もちろんあどけなさというものはあっても、女性の身体としては十分になっているようです。
児童ポルノというのは犯罪ですが、そういったものが趣味という男性からすると援助交際というのは本当に魅力あるものでしょう。
今時の小学生というのは結構SEXに関しても知識があるものです。
知識で悪い事であって、エッチなことだということはわかっていても、悪い事をしているという意識よりも興味の方が勝ってしまうこともあるようです。
その罪の意識としても親にばれたら怒られるといった浅い罪意識くらいだったりします。
こういった考え方しかできないような少し早熟な小学生の女の子だったら、援助交際というものは、それほどに大した悪いことだという認識はないのでしょう。
そういった簡単な考え方で自分の父親よりも歳のいっている男性に対しても抵抗心が無くなってしまうのです。
今現在は悲しい事ではありますが、こういった事件は割りと多くあるものなのです。
世間では学校においての性教育というのはどうなっている。と言う風に言われたりするのですが、
実際のところでは、家庭のおいての子供へのしつけという部分はどうなっているのか。というのが重要なのだと思います。
親が実際にしつけとして援助交際はいけないものだ。と言うことよりも、子供というのは普通親の背中を見て育つものです。
ということは学校がどうと言うよりも、家庭であったり友達関係の方が重要な部分だと思うわけです。
小学、中学、高校というと普通心が揺れ動く年齢です。そういった年齢の時、援助交際というものと縁が無い生活というのが求められるはずです。
男性側の幼い子を求める性欲がある方には、そのような小学生がいるということは、需要と供給という意味で理想的なのかもしれません。もちろん念を押しますが犯罪であり捕まる行為になってしましますが。

SNSと援助交際の関係。もちろん確かだと思える箇所を選択しましょう。

SNSというのは、ソーシャル・ネットワーク・サービスというものの略語になっています。
いわゆるコミュニケーションを第一の目的にしている場所です。今現在SNSというのは本当に数多くあるものです。
サイトの中には一定の条件が無いと管理者が承認してくれず登録もできないというところもあります。
また今現在登録をしている人の紹介が無ければ登録を行うこともできないというサイトもあります。
また簡単に登録ができて、普通にメル友を探すことのできるサイトや、趣味の話で盛り上がることのできるサイトも多くあります。
このようなサイトは出会い系サイトとは異なり、基本的には健全な人達が集まっているということになっています。
しかしそんな中にも承認などは無く、人集めが目的になっているサイトも多くあります。
そういったサイトにはプロフィールや写真を掲載して紹介できるようになっていて、その中で気に入った相手と個人的にメル友になったりすることもできるようになっています。
これははっきり言って出会い系サイトの要素が強くあるサイトだと思うのです。
そのような始まりから流れで、SNSが男女の出会いの場として強く特徴を持っていくのなら、援助交際という流れになっていくサイトも存在するようになってきます。
パッと見ては普通にあるSNSなのに、実際覗いてみると援助交際の募集なんかを大々的に行っているという場合もあるようです。
もちろん援助交際というのは犯罪ですので、援助交際募集中的なストレートなものはありません。
でも内容は「これ怪しいよな〜」というものも多くあります。
でもそういったサイトであったとしても本人が相手をメル友として付き合いを続けていけば何の問題もないでしょう。
しかし次第にそういった雰囲気になってしまうという場合もあるでしょう。
もしもあなたがSNSを健全な理由で利用するのならきちんと自分自身を持って楽しむようにしていきましょう。
実際に名目はSNSだと掲げていても援助交際もできるようになっているという口コミサイトというのも存在しています。
もちろん興味のある方は閲覧してみてください。
女性の方の場合もきちんとメル友だよという付き合い方をしてはいても「簡単にお金が手に入るよ」といった流れには乗らないように気をつけるようにしていきましょう。